頭皮の臭いを消せるシャンプーってあるの?どんな成分が有効?

MENU

頭皮の臭いを消せるシャンプーってあるの?どんな成分が有効?

 

 

 

シャンプーってドラッグストアとかにいろいろな種類売られているけど、頭皮の臭いを解消したいというピンポイントで絞った場合意外に使えるシャンプーって少ないんじゃないかな?って思ったんです。

 

私の勝手な感想ですよ。


 

 

髪をサラサラにするとかしっとりまとめるとかよく聞く謳い文句とは違って頭皮の臭いを抑えたいんですもんね。
ということは成分もちょっと違うものが入っている必要があるんじゃないかな?って思うんです。

 

そこで頭皮の臭いを抑えるシャンプーのポイントというのをまとめてみました。

 

頭皮の臭いが出るのはなぜ??

 

 

そもそもなぜ頭皮の臭いはするのでしょう。毎日シャンプーしてるのにおかしいなって思っている人もいますよね。
まず頭皮の臭いの原因を大きく分けると

 

・皮脂臭

 

・加齢臭

 

に分けられます。

 

若い人なら皮脂臭の可能性が高く、30代後半〜なら加齢臭の可能性も考えられます。

 

皮脂臭の場合は頭皮の脂が多いまたは少ないと臭いがするんですね。多くても少なくてもですよ。
皮脂の量って意外に難しそう。。。

 

臭う理由として1番考えられるのはシャンプーの種類と洗い方です。

 

 

一般的に販売されているシャンプーは硫酸系成分というのが入っているものが多いです。
成分的にはラウレス硫酸・ラウリル硫酸naなどと書かれているものです。

 

これは洗浄効果はものすごくあるので皮脂を余分に落としすぎてしまう可能性があるんですね。
皮脂は多くても少なくてもよくない・・・つまり皮脂を落としすぎたらよくないわけです。

 

 

 

 

 

そこでシャンプーに求められるものは何かというと『頭皮に優しい』そして『頭皮に残りにくい』というのがポイントになります。


 

頭皮の臭いを抑えるシャンプーはどんなもの??

 

 

頭皮の臭いを抑えるには『頭皮に優しい』『頭皮に残りにくい』シャンプーを選ぶ必要があるということがわかったところで、成分ですよね。
どのような成分のシャンプーを選んだらいいのでしょうか?

 

頭皮の臭いを抑えるシャンプーとしては、

 

・アミノ酸系シャンプー
・ベタイン系シャンプー
・ノンシリコン

 

などがよいと言われています。

 

アミノ酸系シャンプー

 

名前の通りアミノ酸から作られたシャンプーです。

 

頭皮に優しいシャンプーでマイルドな洗浄力で頭皮と髪を傷めることなく洗うことができます。
泡立ちが少なかったりするので洗浄力を心配する方もいるかな?いろいろな種類があるので好みのものもあると思います。
でも洗いすぎることもなくアミノ酸は髪と同じ成分なので髪や頭皮にとってはとてもよい状態になります。
成分としてはココイルグルタミン酸TEA、ラウロイルメチルアラニンNaなどと書かれているものがそうです。

 

ベタイン系シャンプー

 

ベタイン系シャンプーってあまり聞きなれないですが、両性界面活性剤といわれている種類のシャンプーのことをいいます。

 

コンディショニング効果が高く、洗浄力というよりは洗ったあとのコンディションがよいというところで人気のあるシャンプーです。
洗浄力が弱いため他のシャンプーと併用する人も。
成分としてはコカミドプロピルベタイン、ココアンホ酢酸Naなどと書かれています。

 

ノンシリコンシャンプー

 

髪によいとよく聞くシャンプーにノンシリコンシャンプーがあると思います。
シリコンは化学反応によって作られる完全人工物のことなんですが、髪のキューティクルを保つ効果があるんです。
でも髪にとってはあまりよいものではなく髪に負担をかけてしまうということもありノンシリコンシャンプーというものが流行っているのです。
ただ、頭皮の臭いを消すという点では上記の2種類よりはちょっと弱いかなという印象です。

 

たくさん売っているシャンプーですが、まずは成分から見ることを始めてみましょう。